雨漏りなどのトラブルから家を守る!屋根塗装

一般的に屋根塗装の耐用年数は約10年です。屋根は目視がしづらい上に、点検するにも高所作業が必要になります。危険も伴いますので、ご自身で状態を把握している人は少ないのではないでしょうか。
屋根は紫外線や雨のダメージをダイレクトに受ける場所です。耐用年数を超えた状態では、雨漏りなどのトラブルにつながる可能性が高いです。しっかりと計画的を立て、最適なメンテナンスで被害を最小限に抑えましょう。

シンプルな3つの塗装プラン

当店では様々なお客様のご希望に添えるよう、選びやすいシンプルな3つの屋根塗装プランをご用意しています。

お値打ち価格の屋根塗装!

屋根塗装スタンダードプラン 価格で選ぶなら!一番人気のシリコン!税込19.8万円

とにかく費用を抑えたい方に

価格重視で塗装を選ぶなら、1番人気のシリコン塗料を使用する「スタンダードプラン」がおすすめです。低価格でも品質はしっかりしており、耐久性も確保できる塗料です。

屋根塗装ハイグレードプラン 遮熱機能付き!ラジカル制御式塗料!税込27.8万円

価格も耐久性もどちらも大事

費用を抑えたいけど耐久性も高めたいという方は、ラジカル制御式塗料を使用する「ハイグレードプラン」がおすすめです。耐久性と価格のバランスがとれた塗料です。

屋根塗装プレミアムプラン 遮熱塗料GAINA!断熱塗料で快適に!税込34.8万円

遮熱や断熱性を高めたい方に

夏は涼しく、冬は暖かく過ごしたい方は、断熱塗料を使用する「プレミアムプラン」がおすすめです。夏や冬の電気代も節約できます。

「自分にはどのプランが合っているのかな?」「プランの内容を詳しく知りたい」という方は、お気軽にご相談ください。屋根塗装のプロがお客様にあった最適なプランをご提案いたします。

美しい仕上がりのために、下地処理も入念に!

屋根塗装では、美しく仕上げる以上に、屋根材を保護し、雨漏りなどのトラブルからお住まいを守ることが重要です。

一般的な戸建住宅の屋根材としてよく使われるスレートは、新築から時間が経ち、劣化が進むと、塗装時に乾いたスポンジのように塗料を吸い込みやすくなります。
スレートそのものには防水性能がなく、塗装によって防水性を付加してやる必要があります。
屋根材が塗料を吸い込んでしまうと、塗膜でコーティングをすることができず、塗装をしても想定通りの機能が果たせなくなります。

そのため、劣化したスレート屋根では、塗料を吸い込まなくなるまで下塗りを重ねていきます。
十分な下塗りの後に塗装することで、劣化した屋根材にも万全な防水性能が備わります。

屋根材の素材や状態に合わせて行う下地処理は、最終的に目に触れる部分ではありませんが、お客様の大切なマイホームを長期間守るために当店がこだわっている部分です!

カラーシミュレーションで確認

屋根と外壁の全体的なバランスまで考えて色を決めるのは難しいです。塗装の失敗に多いのが色の選択ミスですが、当店が実施しているカラーシミュレーションならそんな不安も解消できます。
手軽にご利用いただけますのでお気軽にご相談ください。

外観写真1枚で作成が可能です!

落ち着いた雰囲気の濃色系

ナチュラルなブラウン系

清潔感のあるグレー系

優しいイメージの暖色系

塗料の劣化で起きるトラブル

塗料の劣化が原因で起きるトラブルには「雨漏り」「木材・断熱材の腐食」「シロアリ被害」の3つが主にあります。

1.雨漏り

屋根の塗料には、紫外線や雨から建物を守る役割があります。劣化が進むとひび割れや剥がれが起き、そこから内部に雨水が侵入することによって雨漏りの原因となります。早めのメンテナンスで被害を未然に防ぎましょう。

2.木材や断熱材の腐食

塗料の劣化部分から雨水が侵入すると、屋根を支えている木材や天井裏などの断熱材が腐る原因になります。大きな地震の際に崩れてしまう恐れがあるため、早めのメンテナンスで被害を未然に防ぎましょう。

3.シロアリ被害

塗料の防水機能がなくなると、雨水が建物内部に侵入して、シロアリ被害が出る可能性が高くなります。シロアリは湿度が高い場所や木材を好み、一度発生すると爆発的に増えてしまいます。定期的なメンテナンスを行い、屋根塗料の防水機能を常に保っておくことが重要です。

トラブルを未然に防ぐため
当店の無料点検をご利用ください!

そういえば最後に屋根の塗装をしたのはいつだったかしら・・・
大きな被害が出る前に一度見てほしいわね。でも、どこにお願いしたらいいのかしら・・・

そんな不安がある方は、当店の「屋根の無料点検」をぜひご利用ください!どこか問題はないか、建物をくまなく点検させていただきます。

屋根塗装をするには、まず屋根の状態を正確に把握することが第一歩です。当店の「屋根の無料点検」をご利用いただければ、お住まいの健康状態が視覚的に把握できます。それを元に今後の修繕計画をどうするのかを考えていきましょう。

目次