姫路市の皆様必見!解決率100%の【雨漏り修理】

雨の日の急な雨漏りはとても困ると思います。

でも雨漏りは急に起こるのではなく「天井から水滴が落ちてくる」前段階として「天井にシミが広がる」などの予兆が必ずあります。

その予兆に早めに気づき、被害が大きくなる前に対応することが大切になってきます。

原因の把握には「正しい知識」「確かな技術」の両方が必要です。

解決率100%の当店なら、経験豊富なスタッフによる即日対応で、お困りの皆さんのお住まいを速やかに修繕します。

こんな症状はありませんか?

皆さんがよく思われている、「天井から水滴が落ちてくる」雨漏りは、適切なメンテナンスを怠り、放置した結果の最悪の状態です。

雨漏りは、建物の内部構造に水が浸透し、それが蓄積することによって起こる症状です。

建物の異変に早めに気づき、「何かおかしい」と感じたら適切な処置をするようにしましょう。

急な雨漏りには応急処置を

急な雨漏りがあると焦ってしまうと思いますが、落ち着いて「被害の拡大を防ぐ」作業を行ってください。

次の3つのことをやるだけで、雨漏り修理以外にかかる費用を抑えることができます。

被害の拡大防止作業をして業者の到着を待ちましょう。

1. バケツなどの設置

2. 家具や家電の移動

3. 屋根をシートで覆う

雨漏りの原因と費用について

雨漏りの原因は屋根以外にもあります

棟板金の剥がれや浮き

屋根の一番上に付いている棟板金(むねばんきん)に剥がれや浮きが発生すると雨漏りの原因になるため、交換が必要になります。

棟板金 15,000円~

瓦屋根や漆喰の剥がれや割れ

瓦屋根の割れや浮き、漆喰の剥がれが発生すると雨漏りの原因になるため、修繕が必要になります。

瓦補修 8,000円~

シーリングの剥がれや割れ

外壁材同士や窓などの隙間を埋めているシーリングに剥がれや割れが発生すると雨漏りの原因になるため、修繕が必要になります。

シーリング打設 1,100円/m~

雨どいの破損や変形

雨どいに破損や変形がある場合は雨漏りの原因になるため、交換が必要になります。

雨どい工事 8,000円~

天窓やベランダ、サッシからの雨漏り

天窓本体の劣化はもちろん、天窓まわりにゴミや落ち葉が溜まることで起きる排水不良が原因で雨漏りすることもあります

天窓まわりの清掃:2万円〜

ベランダやバルコニーにある、防水コーティングにヒビ割れや破損が起きると雨漏りの原因になることがあります。

トップコート補修:3万円〜

サッシや窓枠、レールの劣化によってできる隙間が雨漏りの原因になることがあります。軽度であればシーリング材の補修で雨漏り修理ができます。

シーリング剤補修:1,500円/m〜

雨漏りを放置すると・・・

構造内部(木や断熱材)の腐食

シロアリの被害

雨漏りを放置すると建物内部の湿度が高くなり、木材の腐食やシロアリの発生など、建物へのダメージが大きくなるので注意してください。

特にシロアリの被害には駆除や補強工事などが必要になり、修繕費用が高くなってしまうので、早めの対応を行ってください。

雨漏り修理事例の紹介

雨漏りの修理がどのようなものなのか、事例を紹介しますので依頼時の参考にしてください。

①窓(サッシ)からの雨漏り

窓の結露ではなく雨漏りだったという事例があります。

キッチンのクロスがカビているということでご依頼いただきました。

調査したところ、窓枠のシーリング部分の劣化が確認でき、そこから雨水が侵入しているようでした。

シーリングの補修とクロスの部分補修で対応しました。

家の中が年中ジメジメする場合は、結露ではなく雨漏りの可能性もあります。

➁外壁からの雨漏り

リビングの壁にシミができたということでご依頼いただきました。

調査したところ、外壁のシーリング部分にヒビ割れを多数確認しました。落ち葉が溜まっているのが原因で雨どいが変形しており、そのため雨水が直接地面に落ち、泥がはねて外壁やシーリングの劣化につながっているようでした。

雨どいの交換とシーリングの補修で対応しました。

雨漏り修理の流れ

雨漏りの修理がどのように進むのか、当店の作業の流れを紹介しますので依頼時の参考にしてください。

1.原因の調査

まずは雨漏りが起きている「原因を調査」します。原因が一つの場合もありますが、複数の要因が重なっている場合が多いです。建物の状況などを、構造を熟知したプロがくまなくチェックします。

2.原因の特定

原因が特定できたら、お客様と解決に向けての打ち合わせを進めていきます。

3.修理工事

実際の工事は、建物の状況やお客様のご予算に応じて複数パターンをご提案しています。

お客様のご要望にも柔軟に対応できますので、お気軽にご相談ください。

被害が軽度なら

1.軽微な補修工事

シーリングの劣化やクロスのカビなどは軽微な補修工事で対応できます。工事期間は1〜2日程度です。

被害が中度なら

2.雨漏り修復工事

柱や窓・屋根を支える木材などへの被害は、シロアリの発生につながるため軽微な補修工事より費用が高くなります。

被害が重度なら

3.外装リフォーム

屋根や外壁全体が劣化している場合は外装リフォームをおすすめします。

その場しのぎの工事なら費用も抑えることができますが、何度も繰り返すようなら結局費用がかさんでしまいます。長期的に見れば外装リフォームをした方がお得な場合もありますので、工事内容に関してはお気軽にご相談ください。

当店には雨漏り無料点検があります

雨漏りの相談をどこにするべきか?

雨漏りが起きた際に、実際にどこに依頼するかというのはとても大切です。

当店は「雨漏りの無料点検」を行っています。雨漏りの状態を共有できるように「調査診断書」も発行しているので、業者選びに迷っている場合は、ぜひお気軽にご利用ください。

1.解決率100%の実績

原因の把握や適切な修理には「住宅を知り尽くしていること」が大切です。

影響がどこまであるのかを正しく把握し、再発防止のための適切な修理を、経験豊富なプロが責任を持って対応します。

2.写真付きの調査診断書

「写真付きの調査診断書」を調査後に発行します。修理には情報の共有とお客様の十分な納得が必要です。

診断書をもとに、雨漏りの原因や必要な修理、再発防止のための日々のメンテナンスなどご提案させていただきます。

3.ここまで無料でできます

当店では、雨漏りの調査から診断書の発行、工事内容のお見積りまで無料で行っています。

雨漏りの根本的な解決には「正しい知識」と「確かな技術」を持ったプロの目が必要です。

当店では、専用の器械や目視などを活用して、さまざまな角度から判断することが可能です。

サーモグラフィー

高感度の赤外線カメラを使用し、湿度が上がっている雨漏り箇所を特定します。

散水調査

雨漏りの状況を再現するため、水をかけて雨水の侵入経路を特定します。

目視調査

屋根や外壁内部、天井裏などを調査し、雨漏り箇所を特定します。

こんな場合はお気軽にご相談ください!

  • 雨漏りが原因なのか自分ではわからない
  • もっと詳しく雨漏り調査のことが知りたい
  • 次の雨の日までに修理がしたい