ソーラー撤去

本日はソーラーの撤去作業を行いました。

ソーラーは1970年代から80年代に普及し、その後低下しました。最近ではエコに対する考えが浸透し再び注目を浴びていますが、過去の普及時期に設置した太陽熱温水器を持て余しているご家庭も多いのではないでしょうか。

台風により看板や屋根材が吹き飛んだりしている映像をご覧になったかたは多いことでしょう。屋根面への取り付け部分に弛みや破損が生じているソーラーが強風に飛ばされて落下する可能性は多いにあり、落下し事故が発生した場合は管理責任を問われます。

また、ソーラーの重量により屋根にヒビなどが入っていても雨漏りするまで気づかないということがあります。常時点検することも出来ない物ですので、使用していないソーラーは撤去をオススメしております。

今回のご注文はソーラーを撤去後、屋根塗装工事を行いますが、命成塗装店ではソーラー撤去のみでもご依頼承ります。

お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 5月中旬工事、着工スタート!!

  2. 地域密着イベント報告

  3. ホームページをオープンしました。

  4. 梅雨入り間近

  5. 道具へのこだわり

  6. BEFOR / AFTER

PAGE TOP